広東ジャピオンの特集 記事

広東モウマン隊~(深セン) 中国民俗文化村 その32

少数民族を訪ねて

 

未知の文化に遭遇

猫田君、『広東ジャピオン』に載ってる、

無 少数民族の記事って読んだことあるかい?

「食道をゆく」の後のやつですよね。

無 「民族訪ねて三千里」ですか?

そうそう。あれが始まってから、

無 少数民族に興味が出てきたんだよね。

で、てっとり早いところで、「民俗村」に来たってわけですね。

うん。色んな民族の建物が再現されていたり、

 歌や踊りのショーもあるんだろ?

まぁ、そうですけど…。いまいちパッとしないっていう話も聞きますよ。

ん? 俺たちなりに楽しめばいいじゃないか。

まあ、いつもそうですからね。

無 あっ、「イ族(彝族)」の踊りをやってますよ。

へぇ~、女性の衣装は色鮮やかだねぇ。

無 男性は毛皮みたいなのを着てるぞ。

無 これはイ族の労働の様子を描いた踊りなんだな。

無 ふうん、彼らも石臼やら洗濯板を使うんだね。

何だか親近感が湧きますね。

無 イ族って、甲骨文字の時代から続く、

無 古い民族なんですよね。

 

イ族の生活を描いた踊り

 

騎馬ショーに興奮

おお、これは大きい滝だなぁ。

 この洞窟みたいなのは何だろう?

「独龍族」の要塞らしいですよ。入ってみますか?

ちょっとおどろおどろしいね。

 猫田君、とりあえず偵察してこいよ。

そんなに怖がらなくても…。

ほら、そこに牛の頭蓋骨が飾ってあるぞ。

無 危険な予感がするなぁ。

――大丈夫でしたよ。中から滝の裏側が見えました。

 「独龍族」の格好をした男の子が、一人で寂しそうにしてましたよ。

何だぁ。狩猟を生業にする民族なのに、情けないなぁ…。

自分のことは棚に上げて…。

無 それにしても、住む地域によって、建物の形が全く違うんですね。

高床式だったり、水車小屋で灌漑をしていたり、

無 生活の知恵が生きているね。

はい。あっ、騎馬戦のショーの時間です!

すごいスピードで馬を走らせるんだね。

無 オオッ、馬の上に立ったぞ。

あの人は、馬から飛び降りて、すぐ飛び乗りましたよ。

戦いのシーンも迫力があるねぇ。

 これだけでも見る価値ありだよ。

 

見応えのある騎馬戦ショー

 

ロケーション ★★★★

周辺環境 ★★★★

お得感 ★★★

エンタメ度 ★★★★

 

 

★info★

中国民俗文化村

住所:深セン市南山区華僑城

TEL: 0755-2660-0626

営業時間: 9時半~18時(入場料:大人150元、錦繍中華と共通)

URL:www.cn5000.com.cn

アクセス: 地下鉄「華僑城」下車、徒歩3分

 

~広東ジャピオン2012年12月17日号

 

広東ジャピオンの特集 ページランキング トップ10★

    None Found
上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。