広東ジャピオンの特集 記事

広東モウマン隊~(深セン)OCT-LOFT華橋城創意文化圏 その49

mouman-taitle2

時代を反映

 

産業と芸術の融合

おい、猫田君、ちょっとこれ見てみろよ。

何ですか、パソコン開いて…。

OCT-LOFT華橋城創意文化圏? 聞いたことないですね。

週末遊びに行ける場所を探してたら、偶然ヒットしたんだよ。

へぇ、元々工業地区だった所を、芸術家が集まるエリアにしたんですね。

よし、概要を翻訳して聞かせてくれ。

また無茶ぶりを…。ええと、2004年から開発が始まり、

華橋城区の産業と文化の発展を促す中心地として、6年前から本格的に活動を開始。

ふむふむ、他には?

約30の団体や企業を誘致して、画廊や出版、服飾、バーなどを通して、

創造性とデザイン、アートとの融合を図る…。

わかった、小難しいことはいいから、とりあえず行ってみようか。

僕の翻訳、必要でしたか…?

 

261-49main

工場跡を芸術区に改装

 

温故知新が目標

やっぱり、元工業地区だけあって静かな場所だね。

思っていたよりも緑が多いですね。

近くに「錦綉中華」や「燕晗山」の公園もあって、散歩していても気持ちいいです。

この苔むした煉瓦敷きの道がいい雰囲気だな。週末の気分転換にはもってこいだよ。

お洒落なカフェや、流行の服のディスプレイが目を引きますね。

おっ、テラス席にさりげなくバイクが置かれてるよ。

展示物みたいですね、結構な年代物みたいだけど。

「青朴落 郷村酒館」か。ちょっと入ってみようよ。

うわ、店の中は仏像でいっぱいだぞ。

壁はレトロなポスターで埋められてますね。1970年代の物を集めてきたらしいですよ。

メニューに湖南料理がズラリ…。当時の世相を反映させてるようだね。

今では時代に敏感な若いアーティストが、

レトロな雰囲気を取り入れた斬新な作品をいくつも作ってますよ。

工業と芸術の融合を前面に押し出せるのも、まさに時代の流れを汲んでいるものな。

猫田君も、旧い考えを打破するような素晴らしい企画を出してもらいたいね。

いや~、僕は常に、温故知新を目指してますよ。

 

261-49

レトロな小物を到る所に展示

 

moumantai-nekota

ロケーション ★★★

周辺環境 ★★★★

お得感 ★★

将来発展度 ★★★★★

 

★info★

OCT-LOFT華橋城創意文化圏

住所: 深セン市恩平路華橋城創意文化圏

TEL: 0755-2691-1826

営業時間:10時~18時

URL:www.octre.com/loft

アクセス: 地下鉄「橋城東」駅から、徒歩10分

 

~広東ジャピオン2013年6月17日号

広東ジャピオンの特集 ページランキング トップ10★

    None Found
上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。