広東ジャピオンの特集 記事

広東モウマン隊~(広州)五仙観(越秀区博物館) その57

mouman-taitle2

~広州発祥の伝説~

 

羊城のルーツ

猫田君、気がつけば今年ももう終わりだよ。

 ゆく年くる年と言えば寺参りだよな。

 よし、今日は広州発祥の地と言われる道教寺院に行ってみるか。

この暮れの忙しい時にですか?

 大掃除でもした方がいいんじゃ…。

俺、掃除嫌いだし、正月は日本だもん。

ここですか?

 「越秀区博物館」って書いてありますけど。

ここだね。

 ほら、奥に「五仙古観」っていう、扁額が掛かってるだろ。

本当だ。羊に乗った5人の仙人が降り立って、

 広州に豊穣をもたらしたっていう、

 あの伝説の仙人を祀っているのが、ここなんですね!

そうだよ。

 越秀区は広州の中でも歴史が古くて、

 2000年前の秦の時代から町の中心だったんだってさ。

 秦代には、この辺り一帯は「番禺城」って呼ばれてたんだね。

そういえば、広州の主立ったお寺も

 このエリアに集中してますね。

うん。

 この「五仙観」も11世紀の北宋時代から変遷を繰り返した末に、

 明代の1377年にここに建てられたんだな。

 当時はお堂だけでも10数棟もあったらしいぞ。

今残っているのは、ほんの一部なんですね。

 

287mouman-main

広州に唯一残る明代の鐘楼建築「嶺南第一楼」

 

嶺南第一楼

お、この赤い建物はなんだろう?

「嶺南第一楼」という、鐘楼ですね。

 二層になっている下の部分は、赤い砂岩を切り出して造ってあって、

 上の鐘を吊ってある部分は木造ですね。

鐘も明代に鋳造されたんだね。

 銅製のものでは広東省で現存最大だってさ。

この重い鐘を吊っているのは、

 たった1本の葛のツルらしいですよ。

へえ~、神秘的だな。

 猫田君、どんな音がするのか鳴らしてみろよ。

いやぁ、この鐘は「禁鐘」という名前で、

 火事や災害の時以外は撞いてはいけないとされてたみたいです。

なぁんだ…。

 明代の人と同じ響きを聞けると思ったのに。

この鐘を鳴らすと、広州中に伝染病が流行るという説もあるようですよぉ。

オーイ、怖いことを言うなよ。

来年1年、健康で過ごせれば何よりですよね。

う、うん。健康が一番だ。

 

287mouman-sub

明代の麒麟の石獣が門の前に置かれる

 

 

moumantai-nekotaロケーション ★★★★

周辺環境 ★★

お得感 ★★★★★

歴史に浸れる度 ★★★★

 

★info★

五仙観(越秀区博物館)

住所: 広州市越秀区恵福西路233号

開館時間: 9時~17時(月曜休み、入場時に要パスポート提示)

TEL:020-8332-3508

アクセス: 地下鉄「公園前」から徒歩約10分

 

~広東ジャピオン2013年12月23日号

広東ジャピオンの特集 ページランキング トップ10★

    None Found
上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。