広東ジャピオンの特集 記事

広東ジャピオン特集11~中国の風邪にまつわる民間療法(下)

冬本番を迎えた広東。

皆さんの周りでも体調を崩し、「ゴホン、ゴホン」と咳き込む人が多いのでは?

そこで今回は、中国で行われている風邪の民間療法をドドンと紹介。

使える療法から、少し疑問符が浮かぶ療法まで、

「BODY&SOULメディカルクリニック」の古川裕三先生の解説・感想を交えつつ見ていこう。

 

294sp-guasha

 

中国伝統療法の「グワシャー (刮痧)」は、

ヘラで背中の経絡をゴシゴシ擦って血行を良くし、

排毒を促す療法なので、風邪のウィルスも出てしまうのであろうか。

古川先生は「夏風邪のときにいいですね。

ただ、熱があるときはやめた方が無難です。

やや寒気があるときに行うのがいいでしょう」という。

風邪の引き始めにグワシャーされる痛みを堪え、症状改善を図るべし。

 

294sp-mikan

 

その名の通り、みかんを焼いた「焼きみかん」。

皮ごと火にかけ、軽く焦げ目ができたら完成だ。

焼くことで甘みが強くなり、その暖かさが風邪で苦しむ身体を温めてくれる。

古川先生は「みかんはビタミンCを多く含むので、風邪のときに良い果物です。

痰が絡む咳をしているときには、去痰作用があるので特に◎ですね。

ただ空咳をしている人には向いていません」という。

 

294sp-shengjiagn

 

生姜をおろし、巾着袋に入れて沸騰しない程度のお湯に入れ、

そこにタオルを浸して出来上がる。

あとは、そのタオルを絞り胸などに貼ると身体がポカポカ温まり、

ぐっすり眠れることだろう。

肩こりにも効果が期待できる。

古川先生も「風邪の引き始めや寒気がし、鼻水などが出るときなど、

首の後ろなどに貼ると良い」と力説。

自然の力を実感できる療法と言える。

 

294sp-tenteki

 

コチラも風邪引いたとボソっと言うと、勧められる確率が非常に高い療法だ。

下痢や発熱で脱水症状が起きた場合には、点滴は効果を発揮するが、

次の古川先生の言葉が全てを表す。

「必ずしも点滴が良い場合ばかりではありません」。

点滴の中身は基本的に水なので、

脱水を起こしていないと身体が楽にならないと言える。

治療を受けた安心感が、風邪の辛さを和らげるのだろう。

 

294sp-chanel

 

~広東ジャピオン2014年2月24日号

広東ジャピオンの特集 ページランキング トップ10★

    None Found
上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。