世界の昼コレ 記事

世界の昼コレ ~Jardin d olive(橄欖園)~

431%e6%98%bc%e3%82%b3%e3%83%ac%ef%bc%88%e5%ba%83%e5%b7%9e%ef%bc%89-jpg1 431%e6%98%bc%e3%82%b3%e3%83%ac%ef%bc%88%e5%ba%83%e5%b7%9e%ef%bc%89-jpg4

431%e6%98%bc%e3%82%b3%e3%83%ac%ef%bc%88%e5%ba%83%e5%b7%9e%ef%bc%89-jpg2 431%e6%98%bc%e3%82%b3%e3%83%ac%ef%bc%88%e5%ba%83%e5%b7%9e%ef%bc%89-jpg3

ボンジュール!

僕はフランス人の父と、中国香港人の母の間に生まれたハーフで、

15歳からフランスで3年間、修業をしていたんだよ。

その時に学んだフランスの伝統料理を中国で広めるため、

この場所でレストランを開いたんだ。

 

料理を作る時、心がけているのは、

「素材の良さを最大限に活かす」こと。

仕込みにはじっくり時間をかけ、余計な調味料は使用しない。

このふたつが、伝統的なフランスの味を作り出す秘訣さ。

 

家庭的なフレンチ

 

緑を基調としたレストラン「ジャーダン ド オリーブ」。

そのたたずまいはまるで、ブドウ畑に建つフランスの農家のようだ。

 

そんな同店のランチは、伝統的なフランス料理。

塩とハーブで下ごしらえし、

鴨の油でじっくり煮込んだ「鴨のコンフィ」は自慢の一品。

桃の爽やかな甘さが決め手のソースは、シェフの修行の成果を物語る。

また、ハンガリー料理の「グーラッシュ」は、

赤ワインを入れることでフランス風にアレンジ。

そのほか、スパニッシュオムレツが付いたサラダや

日替わりスープも楽しめ、二人でも大満足のボリュームとなっている。

 

431%e6%98%bc%e3%82%b3%e3%83%ac%ef%bc%88%e5%ba%83%e5%b7%9e%ef%bc%89-jpg5

 

~広東ジャピオン2016年12月19日号~

世界の昼コレ ページランキング トップ10★

    None Found
上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。