広東のグルメ 記事

2015年7月20日号 深センゴチ~酒田―日本料理―

 362ゴチ深セン sa-bisu

☆362 深センゴチ 料理 カエ②

 ふっくら柔らかい身、漂う香ばしい匂い。

やはり鰻はいつでも多くの人の心を掴んで離さない

 

もうすぐ土用の丑の日

 7月24日(金)と8月5日は土用の丑の日。

多くの日本人が鰻を食べるこの日、

知らず知らず歩みはいつしか日本料理店「酒田」に向かっている。

 

一人前の鰻職人になるには「串し打ち3年、裂き8年、焼き一生」と言われるほど難しい。

同店の料理人は10年以上の経歴を持ち、その腕前も折り紙つき。

日本の老舗店で供される活鰻と、日本より伝授されたタレが合わさり、

どんな客をも唸らせる一品を作り上げる。

 

酒の肴で鰻を楽しみたい人は「活鰻の肝串焼き」(20元)がオススメ。

いやここはガッツリ鰻をいただくぞ、と決めているなら「うな重(極上)」(198元)を注文しよう。

ランチタイムには小鉢、茶碗蒸しに吸い物が付いた「うなぎ定食」(138元)も用意し、

昼からスタミナ補給ができる。

 

 

362深センゴチ 店内

 

新メニュー登場

7月にオープン2周年を迎えた同店では、

日本各地から新たな食材を取り寄せ、来店者をもてなす。

コリコリした食感に梅の酸味がマッチした「梅くらげ」(30元)は神奈川、

噛めば噛むほど味わいが口の中に広がる「いぶりがっこ」(35元)は、秋田から仕入れたもの。

 

さらに長崎県産の鯛や鹿児島産のカツオを使用した料理も用意。

料理から酒の席を盛り上げる。

 

今宵の酒は鰻と新メニューで乾杯。想像するだけで笑みがこぼれてしまう。

 

327深センゴチ 地図

info

住所:深セン市羅湖区南湖路3009号国貿商住大厦3階DE座

TEL:0755‐8223‐9998

TEL:137‐1380‐3457(日本語)

営業時間:11時半~14時、17時半~24時

席数:85席、個室3(38人収容可)

予算:昼約50元、夜約200元

~広東ジャピオン2015年7月20日号

 

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。