広東のグルメ 記事

ジャピュラン☆ガイド~生煎先生

395広州ジャピュラン 1

395広州ジャピュラン 2

395広州ジャピュラン 3

395広州ジャピュラン 4

 

広東で上海小吃を

小龍包にも負けない

 

広東で一番嫌な時期、

〝回南天(南部独特の気温の上昇に伴う湿度の上昇)〟の到来や~。

洗濯物は乾かんし、散歩しても空気はジメジメやし、全然気分が晴れへんわ…。

こんな時は、なんか美味いもんでも食べて気分転換せな。

ってことで、ネットサーフィンしてたら

〝生煎〟の専門店「生煎先生」を発見したんや。

まさか、広州で上海ローカルフードに出会えるとは思わんかったから、

めっちゃうれし♪

 

即、店へ直行していたわ。

 

ほほ~、この店はチェーン店で、環市中路のほかにも、

珠江新城や五羊新城にも店舗があるんやな。

あっ、わてとしたことが「生煎」の説明を忘れとったわ。

「生煎」は「小龍包」と並ぶ上海名物の小吃で、

小振りの肉まんを大きな鉄鍋で焼き上げるんや。

皮はモチモチ、焼き目はカリッ、そして噛むとあふれ出す肉汁!

「こんな美味いもんを発明してくれてありがと~」と感謝したくなるで。

 

 

 

「生煎」は4個10元か。ま、こんなもんやな。

食べる時は肉汁がこぼれんように、まずはチューッと吸い付くんやで。

ほかにも、卵で作った甘しょっぱい〝鶏蛋醤〟を入れた

「花様年華炸醤面」(16元)などの10種類以上の麺料理や、

濃厚カボチャクリーム「南爪羹」(6元)なんかのデザートが、

わてを誘惑するんや~。

 

あかん、今日も食べすぎや…。

ついついテンションが上がって、ダイエット中なんも忘れて5品も平らげてもうた。

ここは、〝暴飲暴食警報発令〟の要注意店として、しっかり覚えておくで~。

 

395広州ジャピュラン 6

395広州ジャピュラン 7

395広州ジャピュラン 5

 

~広東ジャピオン2016年3月28日号~

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。