広東のグルメ 記事

ジャピュラン☆ガイド~小粮山

405深センジャピュラン7

 

405深センジャピュラン8

405広州ジャピュラン3

399広州ジャピュラン4

 

気ままに食べたい

わては、テーブルマナーが大の苦手…。

この前、先輩のおごりでフランス料理を食べに行ったんやけど、

なんや「フォークは端から使え」、「スープは音を立てて飲むな」やら

マナーが厳しくて、面倒やったわ。

そんな愚痴をこぼしてたら、

友人が「じゃ、お前が喜びそうな店を紹介したる」って、

この雲南料理の店「小粮山」を教えてくれたんや。

やっぱ持つべきは、気楽に行ける美味い店を紹介してくれる友だちやな。

 

豪快! 手づかみ料理

店に到着して、ビックリ!

看板はピンク一色、店内は雲南少数民族の可愛いイラストがズラリ、

そして天井には、カラフルなぼんぼりがぎょうさん…。

こんなオシャレな場所、わてみたいな無粋な奴が来てもええんか~?

 

そんな不安は、看板メニュー「小粮山招牌手抓飯」(198元/2~3人前)

が吹き飛ばしてくれたわ。

この料理、雲南少数民族の伝統料理で、手で豪快に食べるんやて。

やたらとデカい葉っぱの上には、肉や野菜といった9種類の料理がどど~ん。

メインは、雲南の有名な地鶏「茶花鶏」を丸ごと焼いた「勐海烤鶏」と、

数種類のスパイスに漬け込んだ魚を炭火で40分じっくり焼いた「傣味烤魚」や。

これを、黒米や白米が層になったカラフルなライスと一緒に食べんねん。

必ずギュッ~って握らなあかんで。

そうせえへんと、料理の旨味が米につかへんのや。

最初は戸惑ったけど、最後はがっつり握りすぎ~って注意されてもうたわ。

ちょっと香辛料がきつく辛めやから、オレンジやお茶がよく進むで。

マナーを気にせず食べる飯はやっぱ最高や~。

ダイエットのことも忘れてまえ~。

 

405広州ジャピュラン4 405広州ジャピュラン5 405広州ジャピュラン6

 

~広東ジャピオン2016年6月13日号~

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。