広東のグルメ 記事

ジャピュラン☆ガイド~大同酒家

409広州ジャピュラン.jpg1 409広州ジャピュラン.jpg2 409広州ジャピュラン.jpg4 409広州ジャピュラン.jpg3

 

老舗店が集まる場所

僕たち広東に住む日本人の間で、もはや常識になってる

「アテンドに困ったら、西関へ行け」というフレーズ。

西関っていうのは、「広州酒家」をはじめとする

老舗広東料理店が集まる地区のこと。

この辺りの広東料理はまず、ハズレがないんだよね。

老舗だからといって、高級ぶってないんだよな。

どこも地元の広州っ子が気軽に通えるリーズナブルな設定になってるんだ。

 

どれを食べても満足

その中でも、ここは1938年創業の老舗のひとつ。

近代商業建築様式の〝騎楼〟造りで、なんと8階建て!

それでもピーク時は満席っていうんだから、どんだけ人気なんだよ…。

 

席についたら、店のオススメメニューを参考にオーダー。

よっしゃ、がっつり食うぞ!

まずは、食べ応えバッチリの豚のスペアリブ「堤子骨」(48元)。

見た目は酢豚だけど、甘辛いタレがジューシーなんだよな。

おっと、野菜もいっとかないと。

広東のソウルフード〝菜心〟を炒めた「生炒清遠菜心」(28元)。

塩漬けにした清遠鶏の皮のおかげで、塩加減が絶妙なんだよね~。

お~い、ビール持ってきて!

 

女性陣にウケがいいのが、「八宝椰子盅」(28元)というココナッツスープ。

ココナッツの器にエビやキノコがたっぷり入ってて、

中華風クラムチャウダーってとこかな。

これに、定番のエッグタルト

「招牌蛋挞」(28元/6個)を組み合わせるのがオススメなんだって。

ま、僕的にはこのタルト、もう少しサクサク感があるといいんだけどな。

 

そうは言ってもやっぱり、この地区はレベルが高いよね。

僕のグルメノート、西関で埋まっちゃうよ。

 

409広州ジャピュラン.jpg5

409広州ジャピュラン.jpg6 409広州ジャピュラン.jpg7

 

~広東ジャピオン2016年7月11日号~

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。