広東のグルメ 記事

ジャピュラン☆ガイド~風園椰珍

413広州ジャピュラン.jpg1 413広州ジャピュラン.jpg2 413広州ジャピュラン.jpg3

413広州ジャピュラン.jpg4

 

南国気分に浸ろう

グルメ仲間の留学生は、夏休みで南の島にバカンスだってさ。

いいな~とは思うけど、企業戦士の僕には無縁の話…。

ならば、せめて南国料理を食べて、行った気になってやる!

と、友人を連れて向かった先は、以前から気になっていた海南料理レストラン。

 

ココナッツ風味の鍋 

エントランスの階段の壁からして、ヤシの木や砂浜の南国チックな絵。

メニューには、お約束のココナッツジュース「原只椰青」(16元)。

ひと口飲んで目を閉じれば、そこには真っ白な砂浜とビーチが広がるぞ~。

 

さて、ここのイチオシは?

えっ、鍋料理…⁉ この猛暑に!?

メニューの確認もせずに入ったことが裏目に出たかと冷や汗をかいてたら、

「ヤシの実と海南の地鶏・文昌鶏を使った南国風の鍋なんだ~」と友人はゴキゲンな様子。

ふぅ~、メンツは保たれたぜ。

 

スタッフによると、ヤシの実は「疲れ気味の人に効果抜群」なんだって。

一石二鳥だね。

僕たちは値段も手頃なキヌガサダケ入りの「竹笙椰子鶏」(158元)をチョイス。

新鮮な地鶏だから、煮込みはたったの3分でOKとスタッフからアドバイス。

完成までの時間は、特製醤油ダレにスダチや唐辛子を入れて味をカスタマイズ…と。

さて3分、蓋を開けたら地鶏がいい感じ~♪

鶏の臭さもまったくなくて、柔らかくてジューシー。

おいおい、みんな無言でしゃぶりつくなって!

 

具材は地鶏のほかに、肉、野菜もそれぞれ15~20種類。

鍋をつついて南国気分になれるなんて、意外な発見!

ま、全身汗ダクは覚悟の上でってことで。

413広州ジャピュラン.jpg5

413広州ジャピュラン.jpg6

413広州ジャピュラン.jpg7

 

~広東ジャピオン2016年8月8日号~

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。