広東のグルメ 記事

ジャピュラン☆ガイド~俏風凰

414深センジャピュラン.jpg1 414深センジャピュラン.jpg2 414深センジャピュラン.jpg3

414深センジャピュラン.jpg4

 

こだわりの米粉

毎月、給料日前は、ほとんどオケラ…。

それもこれも、わてを誘惑する中華料理のせいやって、

愚痴をこぼしてた矢先に、ウマそうな麺屋を発見。

 

店員さんの話ではこの店、

苗族の伝統料理「酸湯」風味の麺(28元~)がオススメなんやて。

〝牛骨と牛肉をじっくり煮込んだスープ〟に〝新米を使って作った米粉〟、

〝鮮度抜群の牛肉〟と、味に絶対の自信ありやと~。

昨日の敵は、今日の友。

食いしん坊もとい、調査員魂がうずいたわては、いざ突撃!

誰にも止められへんで~。

 

スイーツもある麵屋 

懐寂しいし、とりあえずオススメの「苗家清燉牛肉粉」(28元)だけで我慢やな。

う~ん、このスープ、酸味が強いんかなと思いきや、あっさり仕立でコクが深い。

麺もモチモチでスープに合うやん。

ただ、牛肉がボリューミ―じゃなかったのが残念。

肉はもう少しジューシーじゃないとあかん!

 

まだ腹は5分程度、この唐辛子マークが付いた麺「苗家酸湯肥牛粉」(28元)も

美味そうやなと、メニューをめくっとったら、サイドメニューを発見や!

ヘルシーな茹でブロッコリーの「翠玉西蘭花」(6元)もええなぁ。

でも、値段も安く、一番ボリュームありそうな「苗香三角豆腐」(6元)を注文や。

煮物の厚揚げみたいで、味が沁みついとるんやけど、いかんせん辛い!

こりゃ、甘いもんが恋しくなるわ。

 

気が付いたら、テーブルの上には、ミルクティー「邂逅奶茶」(11元)と

チーズプリン「原味芝士奶凍」(12元)の姿が…。

結局、麺2杯食っとるのと変わらんやん!

ガ~ン…。

 

414深センジャピュラン.jpg5

414深センジャピュラン.jpg6

414深センジャピュラン.jpg7

 

~広東ジャピオン2016年8月15日号~

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。