広東のグルメ 記事

ジャピュラン☆ガイド~金稲園

420%e6%b7%b1%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%94%e3%83%a5%e3%83%a9%e3%83%b3-jpg1 420%e6%b7%b1%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%94%e3%83%a5%e3%83%a9%e3%83%b3-jpg2 420%e6%b7%b1%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%94%e3%83%a5%e3%83%a9%e3%83%b3-jpg3

420%e6%b7%b1%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%94%e3%83%a5%e3%83%a9%e3%83%b3-jpg4

 

どんな時も腹は減る

先週は、友人とお気に入りの重慶火鍋店で火鍋パーティー♪

久々やったもんで、調子に乗ってようさん食べたら案の定、翌日はお腹がピーピー…。

「今日はさすがに昼飯食べられへんわ」と同僚に宣言した途端、

わての腹が鳴る音が響いたんや。

さすがに恥ずかしくなって、一目散でオフィスを出ていったわ。

 

お粥の概念を変える

「お腹にやさしいご飯=お粥」やなと思い、やって来たのは粥専門店「金稲園」。

内装は農村をイメージしたような造りで、今のわてを温かく包みこんでくれそうやわ~。

 

席に着き、周りを見回したら、1人で来てるのはわてだけ。

「お粥って、ひとりで食うもんやろ」とつぶやきながらメニューを見たら、

すべて大人数向けの土鍋サイズ。

具材も、ホタテ貝柱の「帯子」(28元)、

川エビの「基圍蝦」(88元/500㌘)なんかの海の幸に、地鶏の「山鶏」(118元)や、

滋養強壮にもいいと言われるハトのヒナ「乳鴿」(55元/各羽)などなど、

鶏中心の山の幸から選ぶんやて…。

 

とりあえず、比較的量が少ない「乳鴿」と「老鴿」(50元/羽)が入ったお粥を注文。

待つこと15分、やってきたのは明らかに2人前の大量のお粥…。

こりゃ食い切れんなと思いつつ、ひと口食べてビックリ!

粥のダシを全身に浴びても構わない!と思えるほど、

めっちゃ濃厚かつ肉の脂っこさもなく、ペロリといけてもうたわ。

これに自家製味噌を加えると、風味がより深くなって、何杯でも食べられるで~。

 

このお店、炒菜等もあるけど、お粥だけで十分。たかが粥、されど粥、侮れんわ~。

 

420%e6%b7%b1%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%94%e3%83%a5%e3%83%a9%e3%83%b3-jpg5

420%e6%b7%b1%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%94%e3%83%a5%e3%83%a9%e3%83%b3-jpg6

420%e6%b7%b1%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%94%e3%83%a5%e3%83%a9%e3%83%b3-jpg7

 

~広東ジャピオン2016年9月26日号~

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。