広東のグルメ 記事

ジャピュラン☆ガイド~粤味腸粉王~

435深センジャピュラン.jpg1 435深センジャピュラン.jpg2 435深センジャピュラン.jpg4 435深センジャピュラン.jpg3

 

広東の王道小吃

広東を代表する小吃のひとつ、「腸粉」。

街の至る所に専門店はあるけど、どの店が美味いか、

よくわからへん…と言う人も多いはず。

そんな迷える子羊のため、ローカルフードを知り尽くしたわてが、

イチオシ店を紹介したるわ!

 

 腸粉の王に決定

で、その店っちゅうのが、

深セン羅湖区の繁華街にある「粤味腸粉王」。

店名を見た時、「なんか敷居が高そうやな~」と思ったんやけど、

実際はその逆。

〝ザ・ローカル〟そのもので、床にはゴミが散らかっとるし、

お世辞にもキレイとは言い難い。

大丈夫かいな…と思ったんやけど、

腸粉を食べて、不安が安心に変わったわ。

 

わてが注文したのは、王道とも言うべき

プリプリのエビが入った「遊水鮮虾腸」(12元)。

プルプルの米粉の中にエビがぎっしり詰まってるんやけど、

語るべきところはそこやない。

腸粉にかかってるタレや!

生まれてこの方、数々の腸粉を食べてきたけど、

この店ほどあっさりしていながらコク深いタレはなかったわ。

ダメな店はタレが脂っこく、飽きやすいんやけど、

ここのタレは、ほんまいい塩梅。

日本人好みの味付けで感動したわ~。

さすが、〝王〟を名乗るだけのことはある!

 

玉子のフワフワ感がたまらん「鶏蛋腸」(6元)や

ホタテの風味が絶妙の「香菇瑶柱腸」(13元)を含め、

全部で13種類あるのもポイント高いわ。

 

腸粉のほかにも、「粥」、「蒸飯」に「麺」もあって、

いろいろ試してみたいとこやけど、

この店で腸粉食べへんなんて、ホンマにありえへんで~。

 

435深センジャピュラン.jpg5 435深センジャピュラン.jpg6 435深センジャピュラン.jpg7

 

~広東ジャピオン2017年1月16日号~

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。