広東のグルメ 記事

2017年2月13日号 NEW RESTAURANT ~料亭 八重桜~

431justopen-jpg1

just-1just-2just-7just-3

 

旬の魚にこだわる

 

黄埔大道西の高志大厦に昨年オープンした料亭「八重桜」。

気軽に入ってもらいたいと、店内はシンプルな造り。

一方、笑顔で帰ってもらうため、日本から仕入れた鮮度抜群、

旬の魚介類を使った刺身や寿司で来店者をもてなす。

 

「今の時季のオススメは?」と、料理人の梁さんと冼さんに尋ねたら、

「真鯛と金目鯛だよ」と教えてくれた。身がキリッと引き締まり、

脂が乗った「真鯛刺身」(通常168元)や「金目鯛刺身」(通常228元)は、

イチオシするだけあって鮮度抜群、口の中いっぱいに素材の風味が広がる。

そのほかにも、人気ナンバーワンの「蒲焼きうなぎご飯」(88元)や

「鯛の焙煎トマトのサラダ」(58元)のような同店オリジナルメニューもオススメと

力強く答えてくれた。

 

同店は深夜2時まで営業。4階にある映画館でレイトショーを見た後、

フラリと寄れるのもうれしい。

 

just-5

 

~広東ジャピオン2017年2月13日号~

 

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。