広東のグルメ 記事

2017年2月27日号 NEW RESTAURANT ~嵐山~

just1

just02

just3 just4

just5

 

京の風情を味わう

 

昨年12月17日(土)、京都の名勝・嵐山を彷彿とさせる日本料理屋が誕生した。

その名も「嵐山」。店内中央には石や楓のオブジェなどを配した中庭、

そこから2階まで吹き抜けの高い天井が、京の風情と高級感を同時に漂わせている。

 

同店のイチオシは、日本から取り寄せる魚介類。

今の時期ならキンメダイ、カサゴ、ブリ、サヨリなどがカウンターに並び、

実際にその目で鮮度を確かめてオーダーできる。

また、中国香港の日本料理店出身のベテラン料理長による

「明太子ホタテグラタン」(通常88元)、

「うなぎの塩焼き」(通常148元)などのオリジナルメニューも楽しめる。

 

全20種類の昼定食は、選べるデザート付きで68元~。

中でも、10種類の小鉢が並ぶ「嵐山弁当」(通常88元)は、

味付け・盛り付けともに同店ならではの繊細さだ。

 

畳とテーブル、全11部屋の個室で京の風情を堪能したい。

 

just6

 

 

~広東ジャピオン2017年2月27日号~

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。