広東のグルメ 記事

ジャピュラン☆ガイド~漁米粥~

jyapu01

jyapu02

jyapu03

jyapu04

 

 

 

美味い鍋を求めて

 

ちょっと寒いな…って日には、やっぱり火鍋!

お手頃で、いろいろな具材が食べられる最高の料理や!

だけど友だちは「辛いからイヤだ」とか、「脂っこいからダメ」

とか文句付けて、一緒に行ってくれへん…。

ほな、誰もが美味いと認める火鍋を見つけたる~。

 

 

 

鍋の概念を変える

 

ようやく見つけたのが、広東料理のひとつ「順徳料理」のレストラン「漁米粥」。

店に入ると、目に留まるのがでっかい生けす。

魚介類の鮮度には細心の注意を払っているわけやな。
席に着き、メニューを見てみると、どれもこれも美味そう~。

今回のお目当ては、看板の鍋「漁米粥」。

ほかの料理はちょっと我慢や!

この「漁米粥」、見た目は重湯って感じなんやけど、

ドロッとしたお粥を鍋のスープ替わりにして、鶏や魚介類を入れて食べるんや。

今回はちょっと大ぶりの「海蜆(シジミ)」(25元/500g)、

「古典山林走地鶏」(50元/半匹)に、揚げパン「油条」(15元)をチョイス。

「鍋に揚げパン?」と思うかもしれへんが、中国ではお粥と油条の組み合わせは王道。

サクッと揚がった油条をお粥に浸して食べたら絶品や~。

そして最後は、レタスの千切り、ザーサイ、

刻みネギなどが入った「咸生菜四宝蔬」(28元)を入れて、本物のお粥で締めるんや。

鶏や貝から出た旨味エキスがぎょーさん詰まってるから、

最後の一滴まで飲み干してまうで~。

これだけアッサリコクウマ鍋、日本でもそうはあらへん。

これ食べても「あかん!」言うんやったら、お手上げや~。

 

 

jyapu05

jyapu06

jyapu07

 

 

~広東ジャピオン2017年2月27日号~

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。