広東のグルメ 記事

ジャピュラン☆ガイド~一茶一座~

441深センジャピュラン1441深センジャピュラン2

441深センジャピュラン3

441深センジャピュラン4

 

ザ・台湾料理

 

この前、グルメ仲間の中国台湾人と、ふるさと美食自慢で大盛り上がり♪

その時、しきりに出たのが「三杯鶏」という料理名。

三杯鶏は中国台湾人にとって、おふくろの味と言われるほど身近な料理らしいんだ。

あまりにも熱く語るもんだから、翌日、食べてみることにしたよ。

 

女性客が中心

 

今回訪れたのは、ショッピングモール「金光華広場」の中にある

オシャレな台湾レストラン「一茶一座」。午後3時という時間もあって、

店内は台湾スイーツで下午茶という女性客で賑わっていたよ。

でも僕は、そんなことはお構いなしにメイン料理の箇所だけをチェック。

「三杯鶏」(59元)だけじゃ寂しいな…と思っていたら、

桜エビを使った「桜花虾石鍋飯」(38元)を発見。

「おっ、桜エビのビビンバなんて珍しいな」と思った瞬間、オーダー決定だね。

 

注文表をスタッフに渡し、待つこと10分。

ジュージューという音とともにやってきたのは「三杯鶏」。

醤油、酒、ごま油

3つの調味料を同じ量だけ使うことからこの名がついた、台湾のソウルフード。

鶏もジューシーで柔らかく、添えられたハーブがいい口直しになってグッドだね♪

願わくばビールと一緒に食べたい…。

その後にやってきた「桜花虾石鍋飯」は、ビビンバと思いきや、石鍋で焼いたチャーハン!

チャーハンをもう一度、石鍋で焼くという斬新さに驚きつつも、

桜エビの香りのおかげであっさり完食してしまいました。

 

さすがは中国台湾が誇る料理。

「今度は夜に来て、絶対ビール飲も♪」と思いながら、家路につく僕でした。

 

 

441深センジャピュラン5

441深センジャピュラン6

441深センジャピュラン7

 

~広東ジャピオン2017年3月6日号~

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。