広東のグルメ 記事

ジャピュラン☆ガイド~黔派蝦子羊肉粉~

451 深センジャピュラン - コピー1

451 深センジャピュラン - コピー2

451 深センジャピュラン - コピー3

451 深センジャピュラン - コピー4

 

麺はモチモチと弾力のあるライスヌードル

中国の〝麺道〟は、ほんま奥深い。

いろいろ食べ歩いてきたけど、食していない麺はまだまだある~。

中国におる間に、すべての麺を食べ尽くす野望を抱いとるんや~。

そんな麺道を極めんとするわてに朗報が。

地下鉄「車公廟」駅付近に「黔派蝦子羊肉粉」

という麺屋があるという情報をキャッチ。

「羊肉粉ってどこの麺や?」と思って調べたら、

貴州の名物であることが判明。

「羊の肉を何時間も煮込んで作ったスープが秘訣」やて?

こりゃ食べなあかんな。

内装は中国伝統建築を思わせるシンプルな造り

早速、レジで看板料理の「羊肉粉」(20元/大碗)と、

貴州の伝統的な小吃「豆腐圓子」(6元)を注文。

待つこと5分、やってきたのはライスヌードルに、

豚ならぬ羊のチャーシューが2~3枚、

そしてパクチーとラージャオが入った麺と、玉子サイズの揚げ物。

「こんな麺やったら、どこでも見かけるやん…」

とがっかりしたんやけど、ひと口食べてみて、いい意味で期待を裏切られたわ。

羊の臭みのないスープは、コクがしっかり出ていて申し分ない。

これにあっさりした羊のチャーシューが、思いのほか上品な一杯に仕上がっとる。

これは飲んだ後、無性に食いたくなるやつやなと確信したで。

一方の「豆腐圓子」は好みが分かれそう…。

シンプルゆえに奥深さが足りない。

付け合わせの大根の漬け物と一緒に食べるとええけど、

中国の漬け物は…と思う人にはオススメでけへんな。

新たな麺と出会い、目標成就に一歩近づいたわ。

さぁ、まだ見ぬ麺を求め、明日も街を散策するで~。

451 深センジャピュラン - コピー5

451 深センジャピュラン - コピー6

451 深センジャピュラン - コピー7

~広東ジャピオン2017年4月15日号~

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。