広東のグルメ 記事

ジャピュラン☆ガイド ~売串串的女孩~

深センジャピュラン 1

深センジャピュラン 2

深センジャピュラン 3

深センジャピュラン 4

アニメ風少女の店

南山周辺を車移動する時、いつも目に入る店があったんよ。店名は「売串串的女孩(串売りの少女)」ち言って、成都料理のひとつ「冷鍋串串」の専門店みたいなんよ。アニメ風少女の看板が特徴で、これは撮影スポットや~ち思って、カメラ散歩に出掛けたこの日、ついに入ってみることにしたばい!

四川料理の洗礼

店内は、ポップな装飾で楽しさに溢れる雰囲気っちゃ。注文を忘れ、カメラでパチパチ撮ってしまうほどやったんよ。注文は、冷蔵ケースに陳列された具材を自分で選ぶタイプ。ケースの中には、野菜、牛、鳥、鴨、餃子など50種類以上あって豊富やな~ち思いきや、スープはゲキカラスープの「紅湯」(9元)、1種類…。「この極端さ、さすがローカルやね」ち思った瞬間ばい。

具材を選び終わり、スタッフに渡して、出来上がりを待つこと十数分、やって来たんは、ヘルメットみたいな大きか鉢に入った串や。一口サイズやけ食べやすか~っち、口に放ると「ギャ~、バリ辛!」ち絶句してしまったちゃ。ゲキカラの洗礼を受けた私は、スタッフの勧めもあって、甘~い「特色冰粉」(6元)で口直しちゃ。トコロテンに蜜がかかっとるデザートで、クールダウンにピッタリ。串料理だけ食べよったら身体がもたんけ「召喚神龍的鶉蛋」(12元)などの特徴的な名前の小皿で小休止ばい。串に比べたらマイルドな辛さで食べやすかよ。

今回、鮮烈な四川料理デビューを果たした私。いつか本場四川に乗り込めるよう、深センで鍛えるばい!

深センジャピュラン 5

深センジャピュラン

 ~広東ジャピオン2018年8月13日514号~

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。