広東のグルメ 記事

ジャピュラン☆ガイド ~大弗蘭~

522深センジャピュラン 1

522深センジャピュラン 2

 

 

 

 

 

522深センジャピュラン 3

522深センジャピュラン 4

いざ開拓! 福田区

羅湖区や南山区はよく取材で訪れるんやけど、福田区はただ通り過ぎることが多かったわて。だけど最近、福田区もたくさんレストランができて、取材のチャンスが増えたんや。この前も地下鉄「上梅林」駅付近のショッピングモール「卓悦匯購物中心」をブラついていたら、わて好みの麺屋を発見したんで入ってみたわ!

湖南料理を食す

今回潜入調査したのは「大弗蘭」っていう湖南料理専門の麺屋さん。湖南料理は日本人にはあまり馴染みのない料理やけど、中国八大料理にも入るくらい有名なんや。味付けは「酸辣(すっぱ辛く)」と「醤油味」が基本で「酸辣湯」が代表料理やな。わて的には、ほとんどの日本人がNGを出す「臭豆腐」がオススメやで~。

久々に湖南料理も食べるということもあり「酸菜牛肉粉」(26元)、揚げソーセージの「老長沙大香腸」(16元)に「長沙臭豆腐」(12元)、3品を注文。酸菜牛肉粉は丸麺と平べったい麺の2種類から好きなもの選べられるようやから、のど越しよさそうな丸麺にしたわ。

3品を食べての感想は「広東人に合わせた湖南料理になっとるな」ってこと。辛いもん好きの人には物足りないかも知れんけど、日本人的にはちょどいい感じや。特に麺のスープは醤油ベースで、日本の中華麺を思い出させてくれたわ。それに臭豆腐は思っていた以上に臭くなく、これなら日本人の人も食べられるとおもったで。癖があるけど、日本料理でも珍味と呼ばれる料理があるから食べてみてな。

 

~広東ジャピオン2018年10月15日522号~

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。