広東の医療 記事

天然的生活 第143回~蚕豆(ソラマメ)

 

tennenteki-title1

-437天然的生活 写真

 

酒のお供にソラマメ

 

爽やかなグリーンが初夏を彩るソラマメ。

実は柔らかく独特の香りがする。

塩ゆでしたものは、酒のアテに喜ばれ、アジアでは、豆板醤の原料として利用される。

 

ソラマメは、植物性タンパク質が豊富で、塩分を排出する役割を果たすカリウム、

血圧調整やイライラ解消効果が期待できるマグネシウム、リンなどのミネラルも含んでいる。

さらに、ソラマメのビタミンB・Cには、エネルギー代謝をよくし、

風邪予防、疲労回復、肌荒れ防止の働きがあるのだとか。

 

中国でソラマメは、胃腸の働きを促進して老廃物を排出し、

五臓六腑をコントロールする働きがある食材として知られる。

民間では、むくみが気になる時や、二日酔いの朝に、

塩と油で炒めたソラマメに湯を加え、煮詰めた汁を飲む習慣があるようだ。

また、利尿作用が期待でき、皮部分には食物繊維が豊富に含まれるので、

皮ごと食べれば、便秘を改善するという。

一般家庭の食卓では、炒め物やスープなどにしてよく食される。

ただし、アレルギーのある人はソラマメ中毒を起す可能性があるので、摂取には注意が必要。

 

五臓六腑に働きかけ、胃腸の調子を整えてくれるソラマメ。

お酒を飲む時は、おつまみに加えてみてはいかが。

 

~広東ジャピオン2015年5月11日号

広東の医療 ページランキング トップ10★

    None Found
上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。