広東の医療 記事

天然的生活 第155回~小松菜(コマツナ)

tennenteki-title1

364 天然 ネット用

 

コマツナで骨を丈夫に

 

19世紀に中国から日本へ伝わったコマツナは、

中国の「油菜(ヨウツァイ)」の仲間である。

ホウレンソウとともに、栄養価の高い冬野菜として知られ、

炒め物や鍋、サラダなどで食される。

 

コマツナは、緑黄色野菜に分類され、

カルシウム、ビタミンA、鉄、カリウム、食物繊維などを豊富に含む。

なお、カルシウムにおいては、ホウレンソウの約5倍の含有量があり、

野菜の中ではトップクラスである。

また、動脈硬化など成人病を予防すると言われるベータカロチンや、

美容によいとされるビタミンCも含まれる。

 

中国では、貧血や骨粗鬆症の予防、

神経の伝達をスムーズにし気持ちを落ち着かせる効能があるとして、

妊婦を始め、高齢者や成長期の子どもに積極的に食べられている。

ほか、歯痛止めやガン予防効果もあるのだとか。

 

一般家庭では、炒めて食すことが多いが、

サッとゆでたコマツナの水気を絞り、

塩昆布と白ゴマをまぶした和えものなどもある。

クリスマスや正月には、黒豆やプチトマトで装飾し、

酒、砂糖、醤油、塩で味付けしたお浸しなども登場する。

 

ビタミンやカルシウム、カロテンなど栄養満点のコマツナ。

丈夫な歯や骨を維持していくためにも、継続して食べていこう。

 

 

~広東ジャピオン2015年8月3日号

広東の医療 ページランキング トップ10★

    None Found
上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。