広東の医療 記事

天然的生活 第158回~草石蚕(チョロギ)

tennenteki-title1

367 天然 ネット用

 

冬の乾燥防止のチョロギ

 

チョロギは、中国原産のシソ科の多年草で、日本へは江戸時代に伝来した。

日本では、赤く漬けたチョロギを縁起物として、おせち料理の1品に加える。

また一般的には、天ぷらや吸い物にして食べられる。

主に根茎を食し、ユリ根に似た食感と、生姜のようなピリッとした辛さが特徴。

 

チョロギは、スタチローゼやグルタミン、

アルギニンなどの薬効成分を含むため、

五臓の緊張を和らげ、整腸作用、滋養強壮が期待される。

中医学書『本草網目』では、

風邪の予防や、血流の促進、精神の安定作用があると記される。

また、肺を潤し、咳を止め、皮膚の乾燥を抑える働きがあり、

関節の痛みや皮膚の痒みの緩和にも有効という。

 

中国でチョロギは、風邪、咳、腰痛、肺疾患などの症状改善を目的に食される。

なお、豚肉細切れとチョロギを一緒に煮たものを、

冬場の乾燥を予防する薬膳スープとして飲む習慣がある。

ただし、漢方学では、身体を潤す効果があると考えられているため、

下痢をしやすい人や痰のからむ咳の出る人は、食さない方がよいようだ。

 

乾燥からくる風邪や肌トラブルなど、冬場の悩みに有効と言われる成分を、

豊富に含むチョロギ。天ぷらや吸い物などでおかずに取り入れ、乾燥対策してみては。

 

 

~広東ジャピオン2015年8月24日号

広東の医療 ページランキング トップ10★

    None Found
上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。