広東の医療 記事

天然的生活 第159回~芥菜花(菜の花)

tennenteki-title1

368 天然 ネット用

 

菜の花で美肌を目指す

 

この季節、一面に広がる黄色い菜の花畑は、代表的な春の風物詩である。

日本では、冬から春にかけ、季節の料理として、

お浸しや味噌汁、ゴマ和えなどにして食べられる。

 

菜の花には、Bカロテンが豊富に含まれ、

抗がん作用や免疫賦活作用に優れるほか、体内でビタミンAに変換され、

視力や粘膜、髪、皮膚の健康維持、呼吸器系統を保護する働きが期待できる。

また、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄なども含み、

これらは骨を生成する上で欠かせない成分と言われる。

 

中医学で菜の花は、血液をサラサラにする作用がある野菜として知られ、

肌荒れやシミなどが気になる人によいという。

さらに、食物繊維を多く含むため、便秘や大腸がんの予防などに一役買う。

 

中国では花の部分は食さず、葉を炒めたり、漬物にしたりして取り入れている。

民間療法では、産後の不調や発熱、難産の治療目的で、

茎の部分を食べるとよいとされる。

そのほか、昔は子どもの寄生虫を取り除く漢方薬としても使われていたとか。

料理に彩りを添えるとともに、春を感じさせてくれる菜の花。

血流の悪さや便秘から来る肌荒れが気になる人は、

お浸しなどもうひと品プラスしてみては。

 

 

~広東ジャピオン2015年8月31日号

広東の医療 ページランキング トップ10★

    None Found
上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。