広東の医療 記事

天然的生活 第160回~草苺(イチゴ)

tennenteki-title1

369 天然 ネット用

 

風邪予防と美容にイチゴ

 

デザートとして、生で食べる以外に、

ジャムやジュースなど、幅広く加工されるイチゴ。

冬から春にかけてよく出回り、

ショートケーキやタルト、大福などにも用いられる。

 

イチゴ100㌘に含まれるビタミンCは80㍉グラムと、

果物の中ではトップレベル。

ビタミンCは、粘膜の抵抗力を上げ、風邪の予防に有効なほか、

肌の新陳代謝を高め、しみや吹き出ものなどの肌トラブルの改善が期待できる。

さらに、利尿作用にも優れ、むくみの緩和にも有効という。

 

中医学でイチゴは、のどを潤す食物とされ、人前で話すことが多い人や、

声がかれやすい人に好んで食べられる。

また、鼻やのどの癌予防にも効果を発揮するのだとか。

 

中国でイチゴは、食物繊維を豊富に含んでいるため、

便秘改善を目的に、毎朝ヨーグルトと一緒に食べる習慣があるほか、

神経痛リウマチや痛風などの症状緩和には、

夕食後、ハチミツと一緒に食べるとよいと考えられている。

ただし、お腹を冷やすので、下痢をしやすい人は量を控えよう。

そのほか、ニキビや日焼けをした場所に、イチゴを擦り付ける民間療法もある。

 

ケーキや和菓子など、スイーツで気軽に取り入れられるイチゴ。

おいしく食べて、美容と健康のいいとこ取りをしよう。

 

 

~広東ジャピオン2015年9月7日号

広東の医療 ページランキング トップ10★

    None Found
上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。