広東の医療 記事

天然的生活 第146回~苦瓜(ニガウリ)

tennenteki-title1

-442天然的生活 1

 

脂肪吸収を抑えるニガウリ

 

その名の通り、独特の苦みを持ち、好き嫌いが分かれるニガウリ。

ゴーヤチャンプルーなど、沖縄料理の食材として広く知られるほか、

南九州を中心に、お浸しや和え物にして食されている。

 

ニガウリの苦み成分であるチャランチンとコロソリン酸、モモルディシンは、

インスリンの分泌を促進し、血糖値を正常に導き、コレステロール値の低下にも役立つ。

また、カリウム、マグネシウム、カルシウムがバランスよく含まれ、

ビタミンCはトマトの5倍という。

 

中国でニガウリは薬膳食材の1つで、心臓の熱を取り、肝臓の働きをよくすると考えられ、

成人病予防効果が期待できる。

なお、脂肪の吸収を抑えるダイエット食品にも数えられ、

脂肌やニキビに悩む人に好適なのだとか。

さらに、眼精疲労の緩和にも効き目があるとされ、卵炒めやサラダなど、

様々な調理法で食されている。

民間療法では、ニガウリの汁を水に薄め、汗疹がある場所に塗ると、

数時間後には治まると言われている。

ただし、寒性に属す食材のため、身体が冷えやすく、

下痢気味の人はあまり食べないように。

 

インスリン分泌を促進し、脂肪吸収を抑えるのに有効というニガウリ。

健康的なダイエットを目指すなら、ニガウリ料理を一品追加してみては。

 

~広東ジャピオン2015年6月1日号

 

 

広東の医療 ページランキング トップ10★

    None Found
上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。