広東の医療 記事

天然的生活 第83回 ~白菜(ハクサイ)

368tennen

 

冬のダイエットは白菜で

 

白菜は、英名を「チャイニーズ・キャベツ」と言い、

原産は中国で、西安郊外の半坡遺跡では、6、7000年前の種も発見された。

中国では、悠久の昔から好んで食べられている野菜の1つである。

 

白菜の主成分は水だが、ビタミンCや、様々なミネラル類、

食物繊維などの栄養素も含み、バランスの取れた配合となっている。

漢方医学では、身体を冷やす野菜とされ、

風邪の初期対策や、予防に食べると良いと考えられている。

また、利尿・解毒作用があるので、二日酔いにも効果があるそうだ。

そして特筆すべき点は、100㌘当たり約12カロリーという、カロリーの低さ。

栄養バランスの良さと相まって、ダイエット向きの野菜といえるだろう。

 

白菜に含まれる栄養素は、水に溶けやすい性質を持つので、

食べる時にはスープ煮がオススメ。

作り方は、ベーコンと白菜を乱切りにし、軽く炒めた後、

水と出汁を加え、塩、醤油などで味付けをし、しばらく煮るだけ。

簡単だが、白菜のうま味が引き立つ一品だ。

栄養分とうま味を逃がさないよう、あまり細かく切らず、

汁を少なめに調理するのが良い。

 

冬は寒くて運動量が減ってしまいがち。

太ってしまう前に、白菜を食べてコントロールしよう。

 

~広東ジャピオン2013年12月16日号

広東の医療 ページランキング トップ10★

    None Found
上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。