広東の医療 記事

天然的生活 第89回 ~黄耆(オウギ)

nature-v2

 

休み明けの疲労にオウギ茶

 

オウギとは、マメ科の高山植物「キバナオウギ」の根を乾燥させた生薬を指す。

中国・韓国ではよく親しまれている生薬の1つで、

韓国ドラマ『チャングムの誓い』でも、万能の生薬として登場し、

鶏を丸一羽使う、韓国の代表的なスープ料理「サムゲタン」にも使われる。

 

中国医学では、身体にエネルギーを補う生薬と考えられ、

様々な漢方に配合される。

中でも代表的なのは、

病後で衰弱している人などに処方する「十全大補湯」や、

胃腸が弱って脱力感がある人向けの「補中益気湯」など。

体力や免疫力を高める漢方処方の基本となっている。

また、体内の余分な水分を排出するため、

寝汗や頻尿に悩む人や、浮腫みやすい人にも効果的という。

 

一方、民間療法では疲れた時に、

オウギを用いたお茶を飲むことが多いとか。

作り方は、オウギ20㌘にクコとナツメの実各15㌘、

そして水400㍉リットルを弱火で煮詰め、

仕上げに再度水200㍉リットルを入れて完成。

煮込むことによっていい出汁が出るので、

スープに入れるのもお手軽でオススメだ。

ただし、消化不良を起こしやすいので、便秘がちの人は注意が必要。

 

春節の連休明けは疲労を特に感じやすい。

エネルギーが足りないと思ったら、オウギ茶を飲んで乗り切ろう。

 

~広東ジャピオン2014年2月10日号

広東の医療 ページランキング トップ10★

    None Found
上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。