広東の旅行 記事

水滸巡礼~108の足跡~孫二娘(そんじじょう) 第7回

296suiko-tit

296suiko-main

 

人肉マントウを売る女

武松も認めたその豪胆さ

 

孫二娘は、夫とともに居酒屋を営んでいた。

しかし、ただの居酒屋ではない。

客として来店した旅人を殺して金品を奪い、

遺体をマントウの餡にするという、恐ろしい店だったのだ。

そして孫二娘は、持ち前の美貌と、

追いはぎ強盗であった父から受け継いだ武芸や怪力で、

次々と客を襲っていた。

そんな彼女は、残虐な鬼神・夜叉にちなみ、「母夜叉」と呼ばれる。

 

296suiko-yoko

孟州市の北部を流れる黄河。

梁山泊のあった場所(山東省西部)は、黄河によって形成されたという

 

ある日、虎退治で有名になった武松が店にやって来た。

孫二娘はそうと知らず、注文された肉マントウと酒を用意。

一口食べた武松が、「これは人間の肉か犬の肉か」と問うと、

孫二娘は慌てることなく、

「人や犬の肉は食べさせません。牛の肉です」と答えた。

しかし、武松をもマントウにしてやろうと機を窺い、

最後にしびれ薬を盛るのだった。

孫二娘が倒れた武松を持ち上げようとすると、

彼は突然動き出し、孫二娘を押し倒して馬乗りになった。

最初から彼女を怪しんでいた武松は、

酒は飲まず、目を回したふりをしていたのだ。

孫二娘は諦め、降参すると、その後は武松を何度も手助けし、

武松もそんな孫二娘を頼もしく思い、彼女に入山を勧めた。

そして、梁山泊で彼女は夫・張青と、

諜報機関として機能する料理店を経営するほか、

軍人としても華々しい活躍を見せていく。

 

296suiko-tate

孟州市郊外にある韓園は、

唐代(618~907年)の詩人・韓愈(かんゆ)の陵墓

 

孫二娘が居酒屋を経営していた孟州市。

河南省の北西部に位置し、市の北部を黄河が流れる。

唐代の詩人・韓愈の故郷として知られ、

韓園や黄河湿地など、数多くの観光地を有する。

「母夜叉」と恐れられた孫二娘の心は今でもまだ、

母なる河、黄河に眠っているのだろうか。

 

296suiko-map

 

~広東ジャピオン2014年3月10日号

広東の旅行 ページランキング トップ10★

    None Found
上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。