広東の旅行 記事

水滸巡礼~108の足跡~林冲(りんちゅう) 第10回

suiko-title

-410-suikomain

 

梁山泊に豹子頭あり

比類なき武をもつ猛将

 

林冲は、もと東京開封府(河南省開封市)近衛軍の武術師範。

槍棒術で彼の右に出る者はなく、

約4㍍以上もある「蛇矛(だぼう)」という武器の扱いにも長けていた。

あだ名の「豹子頭」とは「豹のような顔」を表し、

作中では、蛇矛を荒々しく振る身丈188㌢の巨漢として描かれ、

その風貌は三国志の名将、張飛を彷彿とさせる。

 

-410-suiko-yoko

魯智深(ろちしん)も訪れた大相国寺。

仏教寺院として、555年、建立された

 

林冲は、開封府で妻と穏やかに暮らしていた。

しかしある日、妻を上官の高俅(こうきゅう)の養子に横恋慕されてしまい、

林冲はこれを阻止しようと試みたが、

養子を想う高俅の罠で、流刑に処された。

流刑地に向かう道中、何度も命を狙われるが、

友の助けを借りながら何とか生き抜き、最後は梁山泊に辿り着く。

 

当時の梁山泊には王倫(おうりん)なる首領がいたが、

林冲は彼の狡猾さに耐え切れず、殺害してしまった。

そして時を同じくして梁山泊に流れ着いた、晁蓋(ちょうがい)を頭領に推薦。

入山後は晁蓋、宋江のもと、騎馬軍の主力として第一線で活躍。

祝家荘の戦いで、女傑・扈三娘に格の違いを見せつけて捕縛し、

秦明(しんめい)軍との戦では、副将の郝思文(かくしぶん)を破るなど、

数々の武功を立ててゆく。

 

-410-suiko-tate

北宋東京城遺跡。

北宋時代(960~1127年)の首都であった開封府を再建したもの

 

林冲が籍を置いていた東京開封府(現・開封市)。

かつて汴州と呼ばれた同市は、北宋時代は首都として栄え、

その繁栄ぶりが、絵巻物の「清明上河図」にも描かれている。

市には、北宋東京城遺跡や包公祠、大相国寺など、

多くの観光名所があり、観光客で賑わう。

林冲は開封府を去った後、活気溢れるこの街で、

妻と幸せに過ごした日々を、たびたび回顧していたという。

 

299suiko-map

 

~広東ジャピオン2014年3月31日号

広東の旅行 ページランキング トップ10★

    None Found
上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。