広東の旅行 記事

水滸巡礼~108の足跡~童威(どうい)

-465suiko-v1

-465suiko-v2

海を渡った蛟
童威(どうい)

ゆかりの地 江蘇省蘇州市太倉市
あだ名 出洞蛟
職業 水軍頭領
宿星 地進星

江西省九江市出身。

弟の童猛(どうもう)とともに、

同地域の顔役・李俊(りしゅん)の塩の密売を手伝っていた。

李俊の梁山泊入りに伴い入山し、水軍頭領を務める。

方臘の戦い後は、李俊と一緒にタイに渡り、同地の役人となった。

 

龍を支え続けた蛟
異国を求めて渡航

 

童威は、江西省九江市出身のごろつき。

掲陽嶺の顔役で、「混江龍(こんこうりゅう)」の名で恐れられた李俊を慕い、

塩の密売をしていた。あだ名の「出洞蛟(しゅつどうこう)」は、

洞窟から出てきた龍「蛟(みずち)を指す。

泳ぎや操船に長け、弟の童猛と常に行動をともにしていた。

 

-465suiko-v3

物語で童威たちの出航地となった太倉港。

明朝の航海士・鄭和(ていわ)もこの地に寄港した

 

ある日、義士として名高い宋江が殺人罪で潯陽江へ流され、

自分たちのところへやって来る噂を聞く。

童兄弟は宋江を敬う李俊に誘われ、宋江が訪れるのを待っていたが、

いっこうに姿を見せない。

実は宋江はこの時、強盗居酒屋でしびれ薬を飲まされ、まさに殺されるところであった。

これを知った李俊は救出するよう命じる。

童兄弟は彼を救い出し、家に招いて盛大にもてなした。

その後も、宋江は船に乗ったところを悪漢に脅され金をゆすられたり、

朝廷を批判する詩を書き叛乱罪に問われたりと、幾度となく危機に陥ったが、

その度に李俊の命により、兄弟に助けられた。

後に、童威たちは梁山泊にこの手柄を認められ、李俊に付き従って入山。

 

その後は水軍の主力として活躍し、王慶の戦いでは敵将の生け捕りに成功。

また、方臘の戦いでは、

敵に糧秣を納入する商人の船を装い、敵城を打破することに貢献した。

しかし、李俊が朝廷の梁山泊一行から離れると、兄弟もそれに従う。

海を渡り、異国に行く李俊の航海に付き添い、その後も彼を支え続けた。

梁山泊のためと言うより、唯一信頼できる李俊のために、生きた生涯だったといえる。

 

-465suiko-v4

太倉沙溪。太倉市北部に位置する。

江南(長江以南の地域)水郷の1つで、明・清代の住居や街並みが保存されている

 

童威たちがタイへの旅に出発した港・江蘇省蘇州市太倉市。

長江デルタ地帯に位置し、今日では工業港となっている。

黄河、長江のみならず海をも渡った豪傑がここにいた。

 

354-465水滸巡礼アクセス

 

 

~広東ジャピオン2015年5月25日号

広東の旅行 ページランキング トップ10★

    None Found
上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。