広東の旅行 記事

水滸巡礼~108の足跡~単廷珪(ぜんていけい)

-471suiko-v1

-471suiko-v2

黒構えの水の将
単廷珪(ぜんていけい)

ゆかりの地 山西省運城市永済市
あだ名 聖水将
職業 騎馬軍将校
宿星 地奇星

山西省永済市出身。

入山前は凌州(現山東省徳州市凌県)の軍人で、

梁山泊五虎大将の1人、関勝(かんしょう)と面識があった。

対梁山泊戦で関勝と戦い敗北したが、

彼の義に感服したことを機に入山。

その後は魏定国(ぎていこく)と騎馬軍で活躍した。

 

猛将・関勝との一騎打ち
2将軍の怒涛の攻め

 

単廷珪はもと凌州(現山東省徳州市凌県)の将校。

黒い鎧に黒柄の槍、そして黒馬に騎乗し、

同じく黒尽くめの兵を率いていたことで有名であった。

戦で水攻めの兵法を得意としていたことから、

「聖水将(せいすいしょう)」と呼ばれていた。

 

-471suiko-v3

永済市南東部に位置する五老峰。

江西省廬山、福建省アモイ市の五老峰と並び、

中国3五老峰の1つに数えられる

 

ある日、単廷珪は宋の宰相・蔡京(さいけい)から、

顔なじみの魏定国とともに梁山泊の討伐を命じられる。

かつて討伐軍を率いていた呼延灼(こえんしゃく)や

関勝(かんしょう)ら官軍の将が敗れ、

入山したことに宋軍は憤慨し、彼ら2人に討伐を命じたのだ。

そこで2人は、梁山泊軍が攻めてきたところを迎え撃ち、

緒戦で関勝の副将、宣賛(せんさん)と郝思文(かくしぶん)を

生け捕りにし、勝利を得た。

自ら攻めてきた関勝と単廷珪との一騎打ちとなったが、

さすがに三国時代の猛将・関羽(かんう)の末裔と

謳われた関勝の刃に太刀打ちできず、身体を突かれて落馬。

もうこれまでかと覚悟を決めた単廷珪だったが、

何と関勝は倒れた彼を抱き起こし、

無礼を働いたことを詫びた。

その態度に単廷珪は大いに感服。

関勝の誘いに乗り、入山すうこととなった。

 

その後は、遅れて入山した魏定国と阿吽の呼吸を見せ、ともに騎馬隊を指揮。

曽頭市攻めや東昌府攻略戦で大いに活躍し、戦の最前線で戦ったが、

最期は方臘の戦いで敵の罠にはまり、魏定国とともに戦死した。

物語では、常に2人で戦う彼らの勇猛な姿が描かれている。

 

 

-471suiko-v4

鸛雀楼は永済市西部に位置する。

周代に建立。

かつて鸛(コウノトリ)がこの建物の上に留まったことに由来

 

単廷珪の故郷、山西省永済市。

同省南西部に位置するこの地は、

かつて舜(しゅん)の帝都があったとされ、

市内にはそれにまつわる史跡が多い。

市を東西に走る黄河は、

まるで聖水将と呼ばれた単廷珪の水攻めのごとく、

今日も激しく流れている。

 
-360-471水滸巡礼地図

 

 

 

~広東ジャピオン2015年7月6日号

広東の旅行 ページランキング トップ10★

    None Found
上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。