広東の旅行 記事

水滸巡礼~108の足跡~王定六(おうていろく)

-474suiko-v1

-474suiko-v2

電光石火の情報伝達
王定六(おうていろく)

ゆかりの地 安徽省淮南市
あだ名 活閃婆
職業 情報収集
宿星 地劣星

江蘇省南京市出身。

長江河岸で居酒屋を営んでいたが、

梁山泊水軍頭領・張順(ちょうじゅん)を助けたことが縁で入塞する。

持ち前の駿足と泳ぎの能力を買われ、情報収集役を任される。

最期は、方臘の戦いで敵の毒矢を受け、死亡。

 

張順の危機を救う
陸を走り、河を泳ぐ

 

王定六は、建康府(現江蘇省南京市)付近の長江河岸で、

居酒屋を営んでいた。

幼少の頃から武道に親しみ、泳ぎにも長けていたほか、

稲妻の如く走る駿足の持ち主でもあった。

その速さは、

稲妻の神を表す「活閃婆(かつせんば)」の名で呼ばれるほどだったという。

 

-474suiko-v3

古寿州窯跡。

唐代の陶器の生産地であったとされ、

1960年の発掘以降、多くの遺構が発見されている

 

ある日、王定六の居酒屋に、

全身ずぶ濡れの男が助けを求めてやって来る。

男は梁山泊水軍の張順(ちょうじゅん)。

話を聞くと、彼は重病を患った宋江のため、

名医で知られる安道全(あんどうせん)を探すべく、

渡し船で建康府に向かっていたところ、

船頭に有り金を奪われ川に突き落とされたのだという。

張順がかの梁山泊の好漢だと知った王定六は、

衣服と金を与えて介抱する。

その後、張順は安道全を無事に探し出し、梁山泊に戻った。

また、張順を襲った船頭は、

王定六の店によく通う客の1人で、

王定六にはおおよその見当がついていた。

王定六は早速、船着場に向かおうとする張順に会いに行き、

犯人を教えた。

王定六と張順はともに変装し、犯人が漕ぐ船に乗りこむと、

船が沖まで進んだところで、船頭を押さえ込んで川に落とした。

張順の素早い身のこなしに感嘆した王定六は、

山塞の仲間入りを懇願。

張順も恩義に応え、王定六を連れて帰ることにした。

 

入山後は俊足を活かし、山塞の情報伝達の拠点、

北山酒店の経営を任される。

梁山泊には、同じ駿足の戴宗(たいそう)がおり、

速さでは敵わなかったが、

王定六はまた泳ぎの能力を活かし、情報伝達に貢献した。

 

-474suiko-v4

八公山。

前漢時代の学者・劉安がこの地で豆腐を発明したとされる。

標高241m

 

王定六が王慶討伐戦で戦った地、安徽省淮南市。

淮河の両岸を跨ぐこの地は、

豆腐の発明者・劉安(りゅうあん)の故郷として知られる。

情報収集に奔走した王定六は、

この地の野山を駆け、川を泳いだことだろう。

 363-474水滸巡礼 map

~広東ジャピオン2015年7月27日号

広東の旅行 ページランキング トップ10★

    None Found
上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。