広東の旅行 記事

水滸巡礼~108の足跡~欧鵬(おうほう) 第5回

suiko-tit

405suiko-hito

 

梁山泊にはばたく山賊

最後まで前線で戦う

 

欧鵬は、黄門山に拠を構える山賊の長として、

仲間の蒋敬(しょうけい)らと共に、500人もの荒くれ者たちを束ねた。

長身で逞しい体つきをしており、重い武器を軽々と使って、

今にも飛び立ちそうな機敏さを持つことから、

「摩雲金翅(空高く飛ぶ黄金の鳥)」と呼ばれた。

 

欧鵬は軍人の家系出身で、若い時は故郷の湖北省で、

長江の守備に当たっていた。

しかし、軍営内でしばしば上部と揉め事を起こし、やがては出奔してしまう。

その後は、黄門山に籠り、山賊として生きる。

 

-405suikoden-v4

黄岡市郊外に位置する英山は、

活版印刷術の発明者、畢昇(ひっしょう)の生まれ故郷として知られる

 

そんな欧鵬の人生を変えたのが、宋江との出会いだった。

謀反の罪で官軍に追われていた宋江を助け、仲間の蒋敬らと共に梁山泊に加わる。

すでにその勇名が知れ渡っていた欧鵬だが、

入山後は常に、戦の最前線に立つものの、なぜか目立った武功を上げることができない。

山東省で起こった「祝家荘の戦い」では、

女剣士、扈三娘(こさんじょう)と一騎打ちになるが、

劣勢に立たされ、敵将の罠にかかり落馬して負傷。

その後の方臘討伐で、敵の放った矢を受け、無念の戦死を遂げる。

 

-405suikoden-v3

 

黄岡市にある黄州赤壁。

三国時代(184~280年)の「赤壁の戦い」(208年)の戦地と伝えられる

 

欧鵬が生まれた湖北省黄岡市。

同省の北部に位置するこの町は、町の西側を長江が流れ、

農業に適した気候であることから「魚米之郷(魚と農作物の郷)」と呼ばれる。

また、歴史文化都市としても知られ、

北宋時代の文学家、蘇軾が詩を詠んだ東坡赤壁が有名だ。

 

一時は軍人から身を引き、山賊となった欧鵬。

最後は梁山泊の一員として命を捧げたが、

彼の魂は今日も、黄金の鳥のごとく、この地を闊達に飛びまわっていることだろう。

 

294suiko-map

~広東ジャピオン2014年2月24日号

広東の旅行 ページランキング トップ10★

    None Found
上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。