広東の旅行 記事

水滸巡礼~108の足跡~魯智深(ろちしん) 第6回

suiko-ti

-406suiko-main

 

義に厚い入れ墨坊主

柳の木を素手で引き抜く

 

魯智深は、本名を魯達という。

物語では、身長が2㍍近くある巨漢で、粗野な性格ではあるものの、

曲がったことを嫌い、弱者を助ける義侠心に富んだ人物として描かれている。

出家して、全身に花の入れ墨をしていたことから、「花和尚」と呼ばれた。

 

彼がまだ魯達と呼ばれ、村の小官をしていた頃、

ある酒屋に、旅芸人の父娘がいた。

村の庄屋に虐げられている父娘を見た魯達は、

庄屋を完膚なきまで殴り、殺めてしまった。

この件で彼はお尋ね者となり、逃亡生活が始まる。

 

406-suikoden-v3

岩山寺は五台山にある代表的な寺院の1つ。

山の北麓に位置し、1158年に建立された

 

父娘は、逃亡する彼に、仏門の名山、五台山への出家を勧める。

魯達は話を受け入れ、早速剃髪をし、魯智深と名を改めた。

しかし、元来気性の荒い彼は、寺の生活に馴染めず、

酒を浴びるように飲み、寺の仁王像を壊すなど、戒律を犯して破門に。

その際、1人の長老が彼に、現在の河南省開封市にある大相国寺に行くよう諭した。

 

大相国寺に着いた魯智深は、寺の菜園の門番を任されるが、

ここでも豪傑ぶりを発揮する。

ある日、1人の農民が、大きな柳の木に、卵が入った鳥の巣を発見。

魯智深は農民のため、柳の木を両手で根から引っこ抜いてやった。

こうして人助けを通じ、彼の名は徐々に知られていくが、

やがて梁山泊を目指す武松(ぶしょう)らに出会い、水滸の世界へと誘われる。

 

406-suikoden-v4

世界遺産に登録されている五台山。

合計40以上の寺院が点在し、かつては日本からも多くの僧が訪れた

 

魯智深が出家した五台山は、山西省北東部に位置し、

中国5大避暑名山の筆頭に挙げられる。

彼はこの地で数々の騒ぎを起こしたが、長老の言葉だけは聞き入れ、

ここから梁山泊へと旅立った。

花和尚・魯智深誕生の地として、今でも多くの旅人が五台山を訪れる。

 

295suiko-map

 

~広東ジャピオン2014年3月3日号

広東の旅行 ページランキング トップ10★

    None Found
上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。