広東のグルメ 記事

ジャピュラン☆ガイド ~面鼎香~

「肉挟馍」ち何ね

オフィス街「科技園」で働く知り合いの中国人に「いつもどんなところでランチすると?」ち尋ねたら「会社の近くにある肉挟馍(ロウジャアモ)のお店がお気に入りよ」ち教えてもらったんばい。やけど「肉挟馍」ち言われてもピンとこず、写真を見せてもらったら、よう見かける中華バーガーやと判明。西安名物のおやつらしく「それにピリ辛の麺『涼皮(リャンピー)』と組み合わせて食べるのが王道スタイルよ」ち教わり、その正体を調査しに行って来たばい。

ベストコンビの味 

ここは、「西北菜」が楽しめるレストラン。麺料理や肉料理が充実しとって、周辺の会社員風男女で賑わっとったばい。私は早速教えてもらった「王福記腊肉挟馍(ロウジャアモ)」(15元)と「西北涼皮(リャンピー)」(12元)を注文。肉挟馍は、当初想像しとった味わいとは違い、意外とアッサリした味ばい。よう煮込まれた豚肉は脂っこくなく、香りも最高ちゃ~。外側に焼き色がついた素焼きの白パンは、表面がサクサクで薄くてこまいけ、ペロリち食べられたばい。つるんちしたモチモチ食感の涼皮は、パンチのある焦がしニンニクラー油が効いてばりスパイシーっちゃ! ピーナッツとキュウリがアクセントになって、よかね。この冷たい麺は、これからの暑い季節にピッタリばい。

辛さで覚醒した私は「秦の時代には、どんなもん食べよったんやろか~」ち悠久のシルクロードに思いを馳せ、クールダウンしたばい。

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。