広東ジャピオンの特集 記事

広東モウマン隊~(広州) 陳家書院 その60

mouman-taitle2

~陳家の子弟の学校~

鮮やかな漆喰彫刻

日本ではいよいよ新学期だな。

 うちの息子も早いもんで、もう小学6年生だよ。

そろそろ反抗期が始まるんじゃないですか?

うん。俺が留守なのをいいことに、遊んでばっかりいるみたいだな。

 昔の中国の子どもを見習って、真面目に勉強してもらいたいよ。

それで今日は「陳家祠」へ来たんですか?

まあね。しかし、学校というより邸宅みたいな雰囲気だな。

 見ろよ、この立派な門構えを。

ここは、陳家一族の祖先を祀る祠堂の役割もあるようですから、

 一族の威信をかけて、当時の建築装飾の粋を集めたようですよ。

清代の1890年に、広州72県の陳家の人たちがお金を出し合って建てたんだね。

 4年もかかって完成したのか…。

門の上の灰塑(漆喰彫刻)が見事ですね。

漆喰彫刻の装飾は、明から清にかけて、

 珠江デルタで流行った建築様式なんだね。

 「陳家祠」に残っているものが、一番規模が大きいんだってさ。

 

299mouman-main

中国南方の貴族文化がしのばれる陳家祠

 

嶺南の工芸が集結

おお、この木彫の装飾も細かいなぁ。

 1枚の板が何層にも彫り込まれて、奥行きがあるね。

縁起の良い吉祥模様や、お芝居、

 歴史的な物語なんかがモチーフになってるんですね。

 これは水滸伝ですって。

子どもたちも、彫刻を見て歴史を覚えたのかもね。

これは三国志の石彫ですね。桃園の誓いかぁ。

煉瓦彫刻っていうのもあるぞ。

 きめの細かい粘土で作った煉瓦は彫りやすいから、

 彫刻の素材にもなるんだね。

木に石、煉瓦、そして陶器の素材で作られた陶塑と、

 当時の彫刻をここ1カ所ですべて見ることができるんですね。

現在は「広東民間工芸博物館」を兼ねていて、

 陶磁器や刺繍の展示もしているんだね。

「嶺南民間百芸」といって、

 広東は1000年以上前から、工芸が発達している地域ですからね。

陳家の子どもたちは、

 こんな環境で科挙の受験勉強をしていたんだな。

ずいぶん贅沢な学校ですよね。

息子も背が伸びてきたことだし、

 ちょっといい机でも買ってやろうかな。

 

299mouman-sub

戯曲をモチーフにした漆喰彫刻

 

moumantai-nekotaロケーション ★★★

周辺環境 ★★

お得感 ★★★★

彫刻が満載度 ★★★★★

 

★info★

陳氏書院(陳家祠)

住所: 広州市茘湾区中山七路恩龍里34号

TEL:020-8181-4559

営業時間: 8時半~17時半(入場料10元)

URL: www.gzchenjiaci.com

アクセス: 地下鉄「陳家祠」駅から徒歩1分

 

~広東ジャピオン2014年3月31日号

広東ジャピオンの特集 ページランキング トップ10★

    None Found
上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。