広東のグルメ 記事

あずまひろしのほろ酔い酒場放浪記(深セン)

499087687857886756-jpg1 499087687857886756-jpg4 499087687857886756-jpg2

年初めに焼肉もあり

 

17年もフラリと酒場を巡る。

年初めの僕はどうも肉肉しさ全開らしく、

肉を求め、炭火焼肉「宙」に向かっていた。

昨年9月にオープン、上海にも店舗がある人気店で、

肉の旨さに自信あり、

さらにスタイリッシュな内装が若者に人気があると聞いていて、

昨年から気になっていたのだ。

 

店の内装はうわさ通り。

席はすべて皮張り、モダンな内装は

僕らおじさんたちが描く焼肉店のイメージと180度違う。

さらに、サシの入り方が芸術の域まで達している

「和牛種リブロース」(258元)や、

秘伝ダレで熟成させた「宙特製骨付きカルビ」(98元)など、

スーパードライとベストマッチな料理も多い。

 

17年もまだ見ぬビールの友に出会うため、僕はフラリと歩く。

 

499087687857886756-jpg3 499087687857886756-jpg5

 

~広東ジャピオン2017年1月9日号~

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。