広東のグルメ 記事

ジャピュラン☆ガイド~小麦町 北京餐庁

390深センジャピュラン1

390深センジャピュラン

390深センジャピュラン2

390深センジャピュラン4

安くて美味いを求め

広東へ来て早、1年、「美味い、安い、ボリューミー」の3大要素を満たした

ローカルフードを日々探しているんやけど、

さすが食に対するこだわりが半端でない〝広東〟、

ぎょーさんおいしいものがあって驚きやわ。

こりゃ、天下の台所〝大阪〟も顔負けやで。

ほんま広東に来てよかったわ~♪

 

そんなわしが、初っ端にオススメしたいのが、

北京ダックが食べられる「小麦町 北京餐庁」。

取材で深セン龍華新区のカリビアン風グルメシティ「書香門第上河坊」に訪れた時、

たまたま見つけたや。

スタッフのオネエちゃんが一生懸命に説明してくれるから、

ついつい入ってもうたわけや。

決してオネエちゃん目当てやないで~。

 

広東で北京ダック

なるほど、注文はメニュー表にチェックする「茶餐庁」方式か。

とりあえずは看板メニューの「北京烤鴨」(88元~)を注文や。

秘伝の味噌ダレと、パリパリ、ジューシーなダックの皮は最強コラボやな。

さらに、シャキシャキネギで味に変化が付けられるから、なんぼでも食べられるわ!

 

さすが〝北京餐庁〟だけあって、東北料理が多いな。

甘く炒めた豚肉と白ネギを湯葉で包んで食べる「京醤肉絲」(25元)や

屋台の定番「麦町羊肉串」(4元/串)なんか、

東北地方に留学してた頃、よく食べた懐かしい料理やな~。

これも全部食べなあかん。

 

いや~、どの料理も本場の味に負けないくらいレベルが高いな。

これだけ食べて200元いかんて、小麦はん、サービスし過ぎちゃいまっか?

そのおかげで、また、わてのドテ腹に幸せがついてもうたわ!

 

390深センジャピュラン6

390深センジャピュラン5

390深センジャピュラン7

 

~広東ジャピオン2016年2月22日号

 

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。