広東のグルメ 記事

2016年10月31日号 NEW RESTAURANT ~APF KAFE~

424justopen-jpg1

424justopen-jpg2

424justopen-jpg3 424justopen-jpg4

424justopen-jpg5

 

居心地抜群のカフェ

木漏れ日が差し込む温かなカフェテラス。

白一色で統一されたシンプルモダンな店内は、

〝愛らしさ〟と〝爽やかさ〟が共存する。

 

地下鉄「体育中心」駅付近にあるカフェ「APF KAFE」は、

9月のオープン以来、女性客を中心に人気を集める。

その理由は、愛らしい内装はもちろん、

オーストラリアのメルボルンにあるカフェ「セブンシーズ」と

同じコーヒー豆を使用していることにもあるようだ。

 

同店はコロンビア、グアテマラに、

ホンジュラス産のブレンド豆を使った「エスプレッソ」(25元~)と、

ケニア産などの3種類の豆を使った「ドリップ」(38元~)の2種類のコーヒーがある。

「温度ひとつで味わいが変化する繊細な飲み物」と言うのは、

オーナーのピーターさん。

「だからこそ、心を込めて作らないといけないんですよ」という言葉からは、

熱い思いを感じる。

 

日差しがやさしくなってきた広州。

温もりあふれるカフェでリフレッシュしてみませんか?

 

424justopen-jpg6

 

~広東ジャピオン2016年10月31日号~

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。