広東のグルメ 記事

ジャピュラン☆ガイド~湘粉心家~

436深センジャピュラン.jpg1 436深センジャピュラン.jpg2 436深センジャピュラン.jpg3 436深センジャピュラン.jpg4

 

コスパよし、味よし 

「10年前の中国は20元で腹いっぱい食べられたのに…」と、

昨今の物価上昇を嘆くわて。

あまりの嘆き様を友人が見かねて、

お気に入りの店に連れてってくれたんや。

 

店内に掲げられた赤い提灯が、

中華っぽさをグンと引き立てる「湘粉心家」。

友人は席に座るなり「オススメは木桶飯や」と、

勝手にわての分まで注文し始めたんや!

「何すんねん」と言いそうやったけど、

「これを口実に奢らせたらええねん」と思い直して、黙っとったわ。

 

 ザ・オトコメシ

待つこと5分、やって来たのは温泉とかで見かける木桶に入った飯。

友人に「お前にはこれがええ」と「外婆菜腊肉飯」(16元)と

日替わりスープの「毎日老火靚湯」(6元)を渡されたわ。

 

桶の中をのぞくと、ビッシリのご飯に細かく刻んだザーサイと

チャーシューを炒めた具材がドカッと乗ってる。

「想像以上のボリュームやな」と喜びつつ、

箸をつけて一言、「うっ、美味い!」。

この濃い味付けはまさにご飯の友。

ジューシーさ満点のチャーシューに、

刻みトウガラシがいいアクセント~。

若干脂っこくても、そこはあっさり味のスープで中和。

友人曰く、この店の木桶飯、蓮の葉を使っているから香りもいいとのこと。

なるほど、ただよう香りの正体はこれやったんやな。

 

さらに、木桶飯とスープを一緒に注文すると、スープが4元に。

ということは、今回のお会計はキッチリ20元!

友に感謝の言葉を述べつつ、しっかり奢らせるわてでした。

 

436深センジャピュラン.jpg5 436深センジャピュラン.jpg6 436深センジャピュラン.jpg7

 

~広東ジャピオン2017年1月23日号~

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。