広東の医療 記事

天然的生活 第137回~洋葱(タマネギ)

tennenteki-title1

346 タマネギ ウェブ用

 

タマネギで血行促進

 

カレーや肉じゃがなどの料理や、デミグラスなどのソース類にも欠かせないタマネギ。

生食でも食べられるが、辛味が気になる人は、水にさらすか、火を通せばOKだ。

 

タマネギの辛みは、硫化アリルによるもので、

消化液の分泌を促し、新陳代謝を盛んにする。

ビタミンB1の吸収をよくするだけでなく、血液凝固を遅らせる働きがあり、

糖尿病や高血圧、動脈硬化の予防効果に優れるという。

また、疲労や食欲不振、不眠などの症状改善にも役立つそう。

 

中医学でタマネギは、解毒作用に優れ、血液をサラサラにするので、

高血圧や動脈硬化の予防によいと言われている。

さらに、胃の働きを促進する働きがあるので、

食後の消化時間を短縮し、眠気解消に有効だとか。

 

タマネギを用いた民間療法の1つに「タマネギワイン」がある。

タマネギ丸1個をみじん切りにしてワインに浸け、密封して3日間寝かせる。

これを昼と夜に50㍉リットルずつ飲むと、血糖値を整え、関節痛も緩和されるという。

ただし、辛味成分が熱を生むため、目が充血しやすい人や、

乾燥肌で痒みを感じる人は、摂取を控えよう。

 

血液サラサラ効果が期待できるタマネギ。

神経疲労や不眠で悩む人は、夕食時に生タマネギを食べてみては。

 

~広東ジャピオン2015年3月23日号

広東の医療 ページランキング トップ10★

    None Found
上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。