広東のトピックス 記事

2017年9月11日 468号 トピックス

老照片 二十周年紀念展

出版20周年を記念した写真展

中国の変革を見ることができる

 

深セン市羅湖区にある「越衆歴史影像館」で、11月19日(日)まで、

19世紀末から1980年代初頭の中国を撮影した写真展

「老照片 二十周年紀念展」を開催している。

入場料は無料。

同写真展は、山東画報出版社が手がける「老照片」の出版20周年を記念して行われた。

19世紀末、北京城の崇文門や上海の南京路、1929年に開催された全国首届国貿博覧会などの

風景を収めた写真が鑑賞できる。

作品は合計100展、古き良き中国の面影を垣間見れると好評だ。

 

【日時・会場】

~11月19日(日)、10時~17時

(月曜は休館日)

・越衆歴史影像館

住:深セン市羅湖区

清水河街道紅崗北路

1106号越衆産業園

(×鶴囲路)

【お問い合わせ】

U: www.douban.com/event/29296080/

 

2017 当代水彩画家邀請展

中国現代水彩画家の作品を鑑賞

有名画家の作品を展示

 

深セン市羅湖区にある「深セン美術館」で、10月8日(日)まで、

中国人現代水彩画家の作品を集めた展覧会

「2017 当代水彩画家邀請展」を開催している。

入場料は無料。

これまで深セン美術館では、水彩画の創作と研究に力をつぎ込み、

これまで数多くの展覧会を開催。

国内だけでなく、国外からも有名な水彩画を集め、多くの人に展覧してきた。

今回の展覧会では、水彩画家育成に力を入れている湖南省で活躍する

現代画家の作品なども展示されている。

多くの観覧者を魅了しているという。

 

【日時・会場】

~10月8日(日)、10時~17時

(月曜は休館日)

・深セン美術館

住:深セン市羅湖区

愛国路東湖公園内

東湖一街32号

【お問い合わせ】

U: www.douban.com/event/29374485/

2 当代水彩画家展

現代水彩画家の作品を鑑賞

 

食楽亭 えびす屋

美味しい料理でえびす顔

2種類のマッコリが半額に

 

六運五街に創作居酒屋「食楽亭 えびす屋」がグランドオープン。

これを記念し、9月13日(水)~17日(日)まで、

「ジャピオンを見た」で「マッコリバナナ」もしくは

「ピーチ」(各通常88元/750㍉)を半額としている。

同店では、伝統的な居酒屋メニューから、洋風のツマミに肉料理、

新鮮な無農薬サラダなどを取り揃える。

イチオシにしているメニューは「明太子クリームパスタ」(58元)だ。

そのほかにも自家製ダシを使い、じっくりと煮込んで味を沁み込ませた

「イカと大根の煮物」や「お母さんの味 筑前煮」(各42元)などもオススメしている。

また、12日(火)までは、料理5品とドリンク2杯がついた

「プレオープンコース」(150元/人)を用意している。

 

【お問い合わせ】

住:広州市天河区体育東路82号(×体育東路)

電: 188・1887・8943

営: 17時半~24時

3 えびす パスタ

当店一番人気の「明太子クリームパスタ」

 

 

茶の井

宇治抹茶のスイーツを楽しめる

いまならクリーム抹茶が8元

 

深セン市南山区、地下鉄「後海」駅より徒歩10分、

ショッピングモール「海岸城」1階にあるスイーツ店「茶の井」が、

9月26日(火)まで、ジャピオンを持参すると、

クリーム抹茶「京都の恋人」(通常22元)を8元としている。

同店では、抹茶スイーツとたい焼きが人気。

京都より仕入れた宇治抹茶を使った「抹茶ラテ」(20元)に

「あずき抹茶」(22元)がオススメだ。

そのほかにも、

ソフトクリームのコーンがたい焼きになった「金抹茶鯛魚焼」(25元)や

濃厚な抹茶ソフトクリームが味わえるパフェ「金抹茶芭菲杯」(23元)も

イチオシである。

同店エリアはレストラン、映画館などが集まる人気スポット。

オープンして以来、深セン在住の日本人や中国人の若者から愛されている。

 

【お問い合わせ】

住:深セン市南山区

海岸城東座158号

1階轉角処(×海徳二路)

営: 12時~22時半(日曜は11時~22時半)

4 茶の井

香り高き抹茶の風味を楽しもう

 

~広東ジャピオン2017年9月11日468号~

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。