広東の旅行 記事

水滸巡礼~108の足跡~雛潤(すうじゅん)

-484suiko-v1

-484suiko-v2

容貌怪異の龍
雛潤(すうじゅん)

ゆかりの地 山東省莱蕪市
あだ名 独角龍
職業 歩兵軍将校
宿星 地角星

山東省煙台市莱州市出身(諸説あり)。

登州(現煙台市蓬莱市付近)登雲山の山賊で、

叔父の雛淵(すうえん)とともに山を支配していた。

祝家荘の戦いで梁山泊と内応し、敵軍を敗退させたことがきっかけで、入山。

その後は叔父と歩兵軍で活躍。

 

叔父に従った寡黙な怪人
再び山賊生活に戻る

 

雛潤は、山東省煙台市莱州市出身。

登雲山で叔父の雛淵(すうえん)とともに、手下を率いて山賊稼業をしていた。

異様な風貌の男で、背が高く、

後頭部に角のような瘤があったことから「独角龍(どっかくりゅう)」のあだ名で呼ばれた。

喧嘩を好み、必殺の頭突き「龍角爆裂」の一発で松の木をへし折ることができた。

 

-484suiko-v3

呂祖泉は、中国の伝説上の8仙人の1人、

呂洞賓が修行して仙人になった場所。

奇岩、湧泉などを有する

 

雛潤と叔父の雛淵はある日、無実の罪で投獄された兄弟を救うため、

知人の孫新(そんしん)から、牢破りの手伝いを持ちかけられる。

雛淵が協力することを決めると、雛潤もこれに従った。

しかし破獄に関わったことで、2人は街で騒動を起こしたお尋ね者となり、

知人のつてを頼って、前々から興味を持っていた梁山泊に身を寄せることに決めた。

 

当時梁山泊は、祝家荘と交戦中で、雛潤の知人たちが捕虜になっていた。

そこで雛潤は計略によって祝家荘の内部に入り、敵軍の撹乱に成功。

これが功を奏して梁山泊が勝利した。

そして宋江からその手柄を認められ、雛潤らは正式に仲間入りする。

 

入山後雛潤は、歩兵将校として多くの戦いに参加し、ほとんどが雛淵と行動していた。

ところが、雛淵は方臘の闘いで命を落としてしまったので生き別れになった。

この物語の外伝『水滸後伝』では、

雛潤はその後梁山泊を離脱し、再び登雲山で山賊に戻って活躍する様子が描かれている。

 

-484suiko-v4

龍山風景区。

山を囲む形で公園となっており、頂上からは莱蕪市を俯瞰できる。

500種類以上の植物が自生

 

雛潤の故郷とされる山東省莱蕪市。

同省中部に位置し、かつては贏の名で呼ばれた。

春秋戦国時代以降は、交通と物流の拠点であることから「兵家必争の地」であった。

泰山山麓にある場所で、

かつて激しい戦が繰り広げられたとは思えないような静けさを漂わせている。

 

 

 

 

~広東ジャピオン2015年10月12日号

広東の旅行 ページランキング トップ10★

    None Found
上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。