広東のグルメ 記事

ジャピュラン☆ガイド~Tea bank

431%e6%b7%b1%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%94%e3%83%a5%e3%83%a9%e3%83%b3-jpg1 431%e6%b7%b1%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%94%e3%83%a5%e3%83%a9%e3%83%b3-jpg2 431%e6%b7%b1%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%94%e3%83%a5%e3%83%a9%e3%83%b3-jpg3 431%e6%b7%b1%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%94%e3%83%a5%e3%83%a9%e3%83%b3-jpg4

 

自家茶園の中国茶

 

友人イチオシの「ティー バンク」というカフェ。

かなりしつこく勧めてくるもんだから、時間を割いて行ってみたよ。

 

このカフェはオフィス街にあるから、

比較的空いてそうな日曜日を選んで行ったんだけど、

結構混んでて驚いたよ。

見た目は普通のカフェなのに、

なんでこんなに人気があるのかなと不思議に思ってたけど、

店内に入ってみて謎が解けたね。

 

ドリンクメニューは、すべて中国茶。

それも自家茶園で栽培した有機茶葉で、相当こだわりを持ってるみたい。

雲南産のプーアール茶「古樹普洱」(32元)に、

福建産の白茶「白牡丹」(28元)、

江西産のジャスミン茶「茉莉花茶」(35元)などと種類も豊富で、

モダンな茶館って感じ。

友人があれだけ言うのも頷けるわ~。

 

 茶館×茶の間×書店

 

実はこの店の凄さは、お茶だけじゃないんだよね。

3階建てで各階ごとにコンセプトを変えてるんだ。

1階は普通のカフェスペースだけど、

2階が靴を脱いで足が伸ばせるオシャレな茶の間、

3階はたくさんの本が並べられたブックカフェスペースと、

趣向を凝らしていて、それぞれに寛ぎの空間を提供しているんだよね。

 

じゃ、今回は1階のテラス席に座ってみるか。

オーダーしたのは、「中国の美しい村」と称される

江西婺源産の緑茶「春蕊香」(38元)と、

北海道産チーズを使用した「抹茶チーズケーキ」(28元)。

うーん、お茶の香りに包まれた日曜の午後ってのも、なかなかいいよね♪ 

次は2階…となると、来週も調査に来なきゃいけないな。

 

431%e6%b7%b1%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%94%e3%83%a5%e3%83%a9%e3%83%b3-jpg5

431%e6%b7%b1%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%94%e3%83%a5%e3%83%a9%e3%83%b3-jpg6 431%e6%b7%b1%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%94%e3%83%a5%e3%83%a9%e3%83%b3-jpg7

 

~広東ジャピオン2016年12月19日号~

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。