広東の旅行 記事

民族訪ねて三千里~ミャオ族(苗族) 第2回

 

刺繍と舞の民族

星と竜が支える村

 

ミャオ族は中国の貴州、湖南、雲南、四川、広東、湖北の一部のほか、

タイやラオス、ベトナムにも分布する。

 

その中でも、ミャオ百族と呼ばれるほど、さらに細かい区別があり、

部族ごとに異なる刺繍模様を持っている。

女性は5~6歳から刺繍を学び始め、ミャオ族同士はお互いに、

この刺繍でどこの者で未婚・既婚、年齢も識別していたものだが、

この固有の文化は消えつつあるとか。

 

ミャオ族という名称は中国のものであり、ベトナム語ではモン族と呼ばれる。

彼らは中医学とは違う独自の医学を持ち、

病気の治療には大麻やケシを用いて、時にはマラリアまで治すことができたという。

 

1.ミャオ族の民族衣装。女性は結婚前に、生涯着る衣装を20セット作っておくという 

2.小高い山々に囲まれた大地。山間には少数民族が暮らす村がある 

3.カルスト地帯の山肌。ここにも田を作る。

 

様々な少数民族の中でも、ミャオ族の「蘆笙舞」と呼ばれる踊りは、

様式の独自性、音楽性の豊かさで群を抜いている。

濃紺の布を頭に巻き、足首までの長い衣装で、横縞の前掛け風のものを着ける。

笙の大きさは、最長で5㍍に達し、地面を揺るがすような分厚い中高音が特徴。

舞の種類も昔は120以上あったが、今でも伝えられているのはおよそ10程度。

〝天の星が空を支え、竜が地を支える〟などの言い伝えが込められており、

祝い事や作物の実り、生活の平安を祈願して踊る。

 

貴州省は、人口の約4割を少数民族が占め、自治州も多い。

土地の8割が石灰岩に覆われたカルスト地帯で、

茘波の森林カルストは「中国南方カルスト」の1つとして

2007年に世界遺産に登録された。

中でも、峰林、峰叢と呼ばれる円錐形の小高い山々は、

まさに絶景。ゆっくり散策して、雄大な姿を堪能したい。

 

~広東ジャピオン2012年12月3日号

広東の旅行 ページランキング トップ10★

    None Found
上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。