広東の医療 記事

天然的生活 第91回 ~刺嫩芽(タラの芽)

385nature-v2

 

栄養豊富な〝山菜の王様〟

 

春を代表する山菜の1つであるタラの芽。

日本各地や朝鮮半島、中国東北部からシベリア東部に広く分布し、

日本ではよく天ぷらに調理され、親しまれている。

 

タラの芽は、利尿作用があるカリウムを多く含み、

浮腫みの改善や高血圧予防に効果的とされる。

また、苦み成分であるエラトサイドは、糖の吸収を抑えて血糖値を下げるため、

糖尿病の予防に有効という。

そのほか、カロチンやカルシウム、ビタミン類にタンパク質も含み、

栄養豊富であることから、〝山菜の王様〟と呼ばれている。

 

中国医学では、身体を温める植物とされ、下半身の冷えや倦怠感、

冷えから来る腹痛・胃痛を緩和すると考えられている。

さらには、滋養強壮、精神安定作用も期待できるという。

 

タラの芽の調理法は天ぷらが有名だが、お浸しや和え物も人気がある。

和え物の作り方は、タラの芽300㌘を茹で、

さっと油を通したクルミと落花生、ニンジン各50㌘を加えて、

醤油とみりん、酒で味を調えて和えるだけ。

タラの芽特有の香りとあっさりした味わいを楽しもう。

ただし、利尿作用が強いので、発熱時や喉が渇きやすい人は注意が必要。

 

効能が多く、春を感じられる旬の味。

夕食の献立の1品に加えてみては。

 

~広東ジャピオン2014年2月24日号

広東の医療 ページランキング トップ10★

    None Found
上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。